睡眠時無呼吸症候群のチェック

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:424
  • ありがとう数:0

はじめに

いびきの原因である病気「睡眠時無呼吸症候群」。3つのタイプがあるが、最も多いタイプが、「閉塞型」。鼻からのどに至る空気の通り道が詰まってしまうために、呼吸が止まるものである。
自分が睡眠時無呼吸症候群と同じような症状がないかチェックしてみてください。

STEP1習慣性のいびき

周期的に繰り返されるいびきと無呼吸が特徴。睡眠ポリグラフ検査では、1時間に5回以上の無呼吸や呼吸が弱くなる、低呼吸が観察されている。

STEP2不眠

呼吸が止まって血液の中の酸素が少なくなったときや、苦しくなって息を再開するときに目を覚ましやすくなる。一晩に何回も目が覚めるため、熟睡感がなくなる。

STEP3夜間頻尿

頑張って呼吸をしようとすると、心臓へ戻ってくる血液の量が増え、尿をたくさん作らせるホルモンが出される。そのため起きてトイレへ行く回数が増えてしまう。

STEP4寝相が悪い

息が苦しくなると、もがくような動作や寝返りが増える。

STEP5起床時の頭痛・胸焼け・喘息

睡眠中に血液中の炭酸ガス濃度が高くなるため、頭蓋骨の中の圧力が上がり、目が覚めたときに頭痛が起こる。また、胃液が食道へ逆流すると、胸焼けや喘息発作が起こりやすくなる。

STEP6日中の強い眠気

睡眠が浅く、細切れになるので、睡眠不足が蓄積される。そのため、日中に強い眠気に襲われたり、大事なときに居眠りしてしまうなど、社会生活に支障をきたすことにも。

まとめ

目が覚めているときにも、いろいろな症状が起こる。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ