心を伝える贈り物をしましょう

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:218
  • ありがとう数:0

はじめに

 贈り物をする際には、目的が必ずあると思います。例えば、出産のお祝いや入院のお見舞い又、母の日のプレゼントなど贈りものをする人がどういった目的で贈り物をするかによって贈り品がずいぶんと変わってきます。
 TPOに合わせた贈り物をするように心がけましょう。慶事や弔事ではしきたりがあったり、タブーな事があったりしますので、特に注意しましょう。

STEP1贈り物のタイミング

 贈り物をするタイミングは、気をつけなければなりません。例えば、引越しの話を聞いて、先方が片付けも済んでいない時期に、押しかけるとかえって迷惑となります(お手伝いに行く場合はGood!)し、又 あまりにも、遅すぎると失礼になります。病中見舞いにしても、手術直後に訪れれば迷惑になります。

 

STEP2お日柄

 よく結婚式のお祝いの言葉で「本日はお日柄もよく」という言葉を耳にすると思います。お日柄とは六曜と呼ばれる日にちの吉凶を占うもので「大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅」のことです。
 大安の日は1日大吉・赤口の日は正午吉・先勝の日は午前吉・友引の日は1日吉・先負の日は午後吉・仏滅の日は1日凶となっています。喜び事の贈り物は、お日柄のいい午前中にすると喜ばれます。

STEP3

 そして、贈り物をするときには、メッセージを添えましょう。直接手渡しする場合はその場で、メッセージを伝えればGOODです。
 また宅配の場合は、メッセージカードや手紙、あるいは電話でメッセージを伝えましょう。メッセージ添えることによって、義理で贈り物をしたという印象を与えないようにするためです。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ