中学生合唱コンクールでよく歌われています

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5796
  • ありがとう数:0

はじめに

「春に」という曲をお薦めしたいです。中学生の合唱コンクールなどでよく歌われています。谷川俊太郎作詞で、木下牧子作曲です。 

先日、子供の行事で学校に行った時に、子供たちが歌っていました。始めて聞き感動、感動、感動でした。

STEP1「春に」の歌詞です。

この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地から足の裏を伝わって
この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
ぼくの腹へ胸へそしてのどへ
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう

STEP2枝の先のふくらんだ

新芽が心をつつく
喜びだしかし悲しみでもある
苛立ちだしかも安らぎがある
憧れだそして怒りが隠れている
心のダムに堰き止められ
よどみ渦巻きせめぎ合い
今あふれようとする

この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう 
あの空のあの青に手をひたしたい
まだ会ったことのないすべての人と
会ってみたい話してみたい
明日(アシタ)と 明後日が一度に来るといい
ぼくはもどかしい

地平線のかなたへと歩き続けたい
そのくせじっとしていたい
この草の上でじっとしていたい
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう

参考:http://www.worldfolksong.com/songbook/chorus/haruni.htm

STEP3

子供から大人への成長の途中で、難しい年代です。今までの楽しい思い出や苦しかった思い出が走馬灯のように、思い出されてよかったです。

ぜひ、聞いてみてください。
生意気なことを言ったり、考え方が幼かったり、成長の過程を改めて感じることができました。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ