ひな人形を修理する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:514
  • ありがとう数:0

はじめに

子供が小さいとどうしても、人形を触って壊してしまったり、飾りがなくなったりします。

うまく収納できずに、虫に食われたりして困ったことあると思います。

STEP1

 10年前位までに購入した人形ならば修理や部品交換等が可能なものが多いそうです。

購入した店舗で聞いてみるといいですね。 


 それよりも前ですと、素材や人形の顔が大きく異なっている場合がありますので、完全に
直すことは難しく、少し手直しする程度の修理になります。

STEP2 ひな人形や五月人形は生まれた赤ちゃんの「お守り」です。

人形が厄や災いを替わりに、受けてくれていると考えられています。

ひな人形や五月人形は生まれたその子のお守りであり、一生の宝物になります。

だんだん大きくなると飾る機会が減り、人形も傷んでしまう原因になりますね。

STEP3

 時期的には、秋から冬は職人さんも忙しいので、余裕を持ってお店に依頼してください。

お顔の傷を直してほしいという依頼は、難しいそうです。傷が付いたお人形は基本的には直

りません、最近の人形なら同じ顔を交換することになりますが、古い人形の同じ顔はまずあ

りません、だからといって片方だけ新しい顔にしても、古い顔とはバランスも悪く、両方替

えても、古い衣裳とバランスが悪く、修理するよりそのまま飾るほうがようそうです。

一生ものですので、大事にしたいですね。

参考:http://www.marugin.com/info_repair.html

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ