間違いだらけな水の飲み方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:571
  • ありがとう数:0

はじめに

水を飲む健康法のことはいろいろ言われていますが、人によって反対のことを言っていたりして何がいいのか混乱してしまいますよね。だいたいの基本をまとめてみました。

STEP1常温の生水を飲みましょう。

生水というのは自然の水ということです。水道水に魚を入れると死んでしまいます。そんなものを飲み続けるのは危険です。必ず浄水器でろ過して飲んでください。
また冷やすと胃腸を炒めます。

STEP2午前中はしっかり水分をとる。

朝、起きた時に水を飲めば、便意を催します。
帳の働きが低下している人は一杯くらいでは催さないので、二杯か三杯飲んで排便します。

STEP3ミネラルウォーターやアルカリイオン水よりは地元の水を飲む。

「身土不二(しんどふじ)」といって、食べ物や飲み物は自分が生まれ育った土地のものを利用することが自然の理にかなっているそうです。ただこの辺はあまり神経質にならなくてもいいかもしれません。一日に1.5リットル~2リットル飲みましょう。

STEP4水は空腹時にとることが鉄則です。

食事中や食後3時間以内にあまりたくさん飲むと、胃酸や消火液を薄めてしまいます。
口内炎ができやすい人は胃が荒れている証拠。お茶漬けや食事中の水を減らしてください。

STEP5入浴する40分前は水を飲まない。

脳出血を後押ししてしまいます。

STEP6むくみがある人も水を飲んだほうがいい。

慢性肝炎や腎不全の人は大量の水は危険ですが、そうでもないのに水分を控えると腎臓の働きを低下させてしまいます。

まとめ

人間の体はほとんどが水分でできています。健康な体を作るための基本はいい「水」をたっぷり補給することです。飲んだものが血液になるとイメージしてください。ジュースやコーラばかり飲んでいると「砂糖水」のような血液になってしまいますよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

天然水 浄水器

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ