子供に自転車のルールを教えていますか?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

子供が自転車で事故を起こし加害者になった時、最悪の場合相手が死亡してしまうこともあります。そんな時、子供だからと許してはもらえません。

STEP1自転車は軽車両です。

気軽に免許もなしに乗れますが、歩行者との事故は自動車と同じように
人対車両事故になり、重過失致死傷罪などに問われ、
民事的にも損害賠償請求をされる可能性があります。

STEP2子供が加害者の場合、損害賠償は実質親権者である親が

損害賠償請求をされることになります。

あきらかに、子供の不注意で歩行者にけがや
最悪の場合死亡させてしまった時は、かなりな額の
賠償金を支払う可能性があります。
実際、何千万という金額を請求されるケースもあります。

STEP3子供に自転車のルールを教える時、

自分が事故に合わないように(被害者にならないように)
教えることも大切ですが、加害者にならないようにも
よーく言い聞かせましょう。

そして、いざという時のために加害者になった時に
支払いを受けることのできる保険に加入しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ