炭は家で作れる

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:986
  • ありがとう数:0

はじめに

消臭・浄化作用のある「炭」、
実は買わなくても自宅で作る
ことができるって知ってますか?

STEP1かまぼこ板、割り箸、竹串…日頃、生活の中で使われる木材、

使った後はそのまま捨ててしまう事、多いと思います。でも、
これらを使って自宅で簡単に「炭」が作れるんです。

STEP2【作り方(例:かまぼこ板)】

① かまぼこに付いていた板をアルミ箔で包みます。このとき、アルミ
  箔を3重4重に巻いておくと、焼いたときにもくもく煙が出るのを
  防ぐことができます。
② 魚焼きグリルで10分程度焼きます。魚を焼くときについでに隅に
  一緒においていても構いません。
③ アルミ箔に包んだまま、室温で自然に冷まします。
④ よく冷ましたら、再び同じように焼きます。
⑤ ②~④を2~3回繰り返します。

これで完成です。

STEP3

 この方法で使用済みの割り箸や竹串など、家庭から出る廃材を使って
作ることができます。時間は木の厚みや大きさ、グリルの火力などで
変わりますから、様子を見ながら調整してください。

 出来上がった炭は、クッキングペーパーなどに包んで冷蔵庫や米びつ、
靴箱、たんすなどの中に置けば消臭効果の高い活性炭として働いてくれます。
部屋の中の汚れた空気もきれいにしてくれるので、小皿などに入れて
置いておくと良いでしょう。
 また、非常用にストックしておくのもよいでしょう。いざというときの
燃料になりますし、雨水を漉してごみなどの不純物を取り除き、沸騰させて
飲料水にもできます。燃料として使った後の灰は、野草のあく抜きに使った
り、土に返せばカリ肥料となって、まったくごみになりませんよ♪

必要なもの

使用済みの木 (かまぼこ板、割り箸、串など)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ