レジでの代金支払いをスムーズにする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:785
  • ありがとう数:0

はじめに

寒い時期は、指先の感覚がなくなって、スーパーなどのレジでの代金支払いに一苦労することがあります。しかも、レジが混雑している場合、後に続く人を意識して余計に焦ってしまいます。ここでは、レジでの代金支払いを少しでもスムーズにできる方法についてお話ししたいと思います。

STEP1

まず、自分がもっている金種を頭に入れておくことをお勧めします。できれば、小銭入れ部分も小分けできる「長財布」を使用すると出し入れが楽になります。ちなみに、小銭入れの仕切りが2つになっている場合、50円・100円・500円硬貨と、1円・5円・10円硬貨の2
種類に分けると出しやすくなります。

STEP2

ふだんから、小銭(1円単位から)を優先して出す習慣づけをしておくと、金種別に把握でき、財布もスリムになるので便利です。

STEP3

複数のお店へ入るときは、お店に入る前に財布の中身を再確認しましょう。車の場合だと、車内で小銭を再仕訳してから入ると支払時に便利です。ちなみに、おつりをもらった場合は、とにかく財布に入れて、レジを離れてから再仕訳するほうが落ち着いてできます。

STEP4

気持ちばかりが焦ってしまい、お金がなかなか出せないときは、店員さんや後列の人に、ひとこと笑顔で「お待たせしてすみません」と声掛けすることで、気分的にも楽になります。

まとめ

寒い時期は「あかぎれ」「しもやけ」「湿疹」などができ、思うように手先が動かせなくなります。焦れば焦るほど動かなくなり、気持ちばかりが空回りしてしまいます。そのつらさは当事者にしかわかりませんが、少しでも楽になれるように自分なりに工夫することをお勧めします。
また、小銭を1枚ずつゆっくり出している人をみかけることがありますが、温かい目で見守ってあげられる気持ちのゆとりも必要だと思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

自分なりの対策をする ゆったりとした気持ち

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ