神父と牧師は別人?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:251
  • ありがとう数:0

はじめに

日本では 神仏混交とかで神社に神主がいて、寺院に僧侶がいます。でも テレビや映画で見た範囲では、英米のキリスト教では教会が神父、牧師がいるような気がしました。海外では結婚も葬式も宗教儀式教会でするのでしょうか? 神父、牧師も言い方が日本で違うだけで同じ人がしているのでしょうか?

STEP1

日本の風習でいささか誤解があるようですが、仏教の僧侶が結婚式を執り行い(仏前結婚)、神社の神主が葬式を執り行うこと(神葬祭)もあります。

STEP2

つまり日本でもお寺で結婚式と葬式を行なう、或いは神社で葬式と結婚式を行なうこともあります。

STEP3

さて、海外においては日本人と違い宗教は身近なもので、誕生した時の洗礼に始まり、結婚・葬儀は勿論日々の悩みでも教会に行きます。ですから同じ方が結婚式と葬式をしてもおかしくない気はします。

まとめ

尚、神父はカトリックの言い方で神に仕える方のことで、牧師はプロテシタントの言い方で信者の代表といった役割になります。その為神父は神に身をささげてるので結婚はできませんが、牧師は信者の代表ですから結婚は出来ます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ