大学ノートの大学はどこ?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

「大学ノート」は皆さんご存知だと思いますが、あの名前の由来はご存知ですか?

STEP1大学ノートの「大学」とは、東京大学のことです。

大学ノートとは多目的な利用を想定したノートです。上部に見だし欄と日付記入欄があります。他は横罫線のみで基本的にマス目はありません。

STEP2

大学ノートという名は、1884年に東京帝国大学(現:東京大学)の近くにあった文房具・洋書店の松屋で売り出されたことに由来します。
筆記具として鉛筆が普及し始めたこの頃、これに合ったノートをということでヨーロッパから留学帰りの同大学の教授が勧めたもので、イギリスからフールス紙というクリーム色の洋紙を輸入、製本されたこのノートは学生の間で人気となります。これを学生が大学ノートと呼んだとも、松屋が大学ノートという名前で売り出したとも言われています。

STEP3

他の説で、当時としては珍しい洋紙(フールスキャップという)が使われ、表紙に細かい毛が入った紙を使用し、庶民にはあまりに高価で「帝大生ほど学問が出来なくては使えない」ということで、次第に大学ノートと言われるようになったのが名前の由来だとも言われています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ