カナダの英語について

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:415
  • ありがとう数:0

はじめに

カナダ訛りについて、疑問を持ったことありますか?
よくカナダ訛りはイギリス英語とアメリカ英語の中間だと言います。
それと、地域によってアメリカ英語寄り。イギリス英語寄り。フランス語寄りの英語を話します。
そこで、もし、あなたが
アメリカ英語を学びたい!
イギリス英語を学びたい!
という意思があるなら、カナダ人の方に英語を教えてもらうのは、厳しいのでしょうか。

STEP1自主学習で使用する英語教材はアメリカ英語。

しかし、先生はカナダ英語を話すということであって、自分の話す英語の発音がごっちゃになる。
それが心配だと感じる人もいるでしょう。

しかし、英語は英語なんです。
毎日使われ生きた教材なのです。 確かに違いはあります。細かく分類すれば100も200も違う英語はあるに違いありません。

しかし、関係ないのです。ひとつの英語であろうと100混じった英語であろうと大きな問題になることはないのです。

STEP2

イギリスの英語が正しい英語だ、なんていったりするのは日本人ぐらいです。
そのイギリスでも100は違う英語があります。人それぞれの英語をしゃべって使って問題ないのです。
ただ状況にあった表現、書き方、しゃべり方と言うものはあります。 

STEP3

つまり、俗に言う、イギリス英語とアメリカ英語との違いを知ることで、お互いに誤解が起こる表現はどんなものであるかはわかってくるわけです。単なる雑学として頭に残るのではなく、実際に使う日が来る、と言うことになります。
また、使いこなすと言う能力も自然についてきます。 
よって、今それを心配する必要はまったくありません。

まとめ

カナダ英語のように、日本語を母国語とする私たち日本人も、英語を話すと「日本語訛りの英語」がある、と考えると、アメリカ英語やイギリス英語があまり気にならなくなりますよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ