【定年後の住まい】元気な期間を充実をさせることができる場所選びとは?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
定年退職後の住まいを考えるとき、まずはどこに住みたいかを決めます。

その決める基準を明確に決めることが、住んでからの快適さに大きく影響してきます。

STEP1

まずは、老後をどう過ごしたいか、自分の思いやこだわりをまとめてみましょう。

現代は田舎暮らしに憧れている人が多いです。必然的に定年退職をした後、田舎に家を買って住む人も増えています。

でも、その田舎に漠然と憧れているだけでなく、その田舎で何をしたいか、どう暮らしたいか、しっかり考えないと「こんなはずではなかった」ということが起こります。

STEP2

土地や家を買ってしまう前に、暮らしてからの様々な状況を想像してみましょう。

定年退職をしても、残りの人生は長いですし、まだまだ元気に自由に楽しめます。

そんな時、都会だったら、色々なイベント、美術館、デパートと、都会ならではの楽しみもあります。

田舎で自然の風景に囲まれて幸せを感じる人もいれば、都会の文化に憧れる人もいます。
そんなとき、急に田舎に引っ越してしまっては、不便を感じるかもしれません。

STEP3

その人によって、都会で楽しめる人と、田舎の方が向いている人があります。

定年退職をして元気に過ごせる期間、どちらが充実できるかをもう一度かんがえてみましょう。

住む雰囲気だけを考えるのではなく、自分の思いを充実させやすい環境を整えて、残りの人生を満足させたいですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ