野球に関する雑学

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:287
  • ありがとう数:0

はじめに

野球といえば、日本では一番親しみのあるスポーツではないでしょうか?
そんな野球に関係のある事柄をご紹介。

STEP1世界初の始球式、投げたのは誰だかご存知ですか?

答えは、大隈重信(政治家・早稲田大学の創立者)です。
1908年11月22日、アメリカの選抜チームと早稲田大学の試合で、大隈重信が行ったのが、記録に残っている最も古い始球式だそうです。ちなみに、この始球式で大隈が投げたボールは、ストライクゾーンから大きく逸れてしまったのですが、大隈先生に失礼があってはいけないと早稲田大学の一番打者は、機転を利かせて空振りしました。これが、現在も始球式のボールを空振りする由来だそうです。

STEP2「野球」という言葉を考えたのは誰だかご存知ですか?

答えは、正岡子規(俳人)です。
ベースボールが大好きだった正岡子規は、1890年(明治23年)より「野球(のぼーる)」という雅号を用いていました。そして、その4年後の1894年に、第一高等中学校(現在の東京大学)の野球部員だった中馬庚(ちゅうまん かなえ)により、日本で始めて「ベースボール」が「野球」と翻訳されました。
「バッター」「ランナー」「フォアボール」「ストレート」「フライボール」「ショート」を「打者」「走者」「四球」「直球」「飛球」「遊撃手」と日本語に訳したのも正岡子規だそうです。
なお、正岡子規は野球の普及に対する貢献により、2002年に野球殿堂入りしました。
ちなみに、1回の打席において2個のアウトをとる「ダブルプレー」のことを「ゲッツー」ともいうが、これは英語の“get two”からきていますが、和製英語なので、通じるのは日本だけです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ