重い鞄の持ち方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
重い鞄を持ち運ぶのは、なかなか大変ですね。

STEP1①片方の肩で持ち続けない

重い鞄を、片方の肩で持ち続けると、
肩と背骨に大きな負担がかかります。

ずっと同じ肩にかけていると、
肩がはずれる、とまではいかなくとも、
肩に炎症を起こしてしまうことがあります。

また、筋にもあまり良い影響は与えませんので、
注意が必要です。

STEP2②両肩で

そのため、重い鞄は、両肩で背負うようにしたほうがよいです。
重くても、両肩に分散される上、
左右のバランスもとれるので、
背骨が歪むようなこともなくなります。

リュックサック型が一番楽ですが、
手提げ型でも、一定時間で、
左右交互に持つ手を変えるようにするとよいでしょう。

STEP3③キャリーバッグ

重いものを持ち運ぶのに楽なのは、
キャリーバッグです。

旅行に行く際、着替え等大量の荷物を運ばないとならないときは、
キャリーバッグに詰めていくとよいでしょう。

常にキャリーバッグを持ち運ぶのが面倒であれば、
キャリーバッグの中に手持ちの鞄をいれ、
目的地に着いたら、その手もちの鞄にもち替え、
キャリーバッグはコインロッカーに入れてしまうとよいです。

まとめ

身体に負担をかけすぎないようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ