知っていますか?ヒブワクチン

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:204
  • ありがとう数:0

はじめに

【ヒブワクチン】
日本では平成20年12月から接種ができるようになりました。
このワクチンは予防接種法に基づかない任意の予防接種ですが、ヒブ感染症に対する高い予防効果が期待できます。

STEP1≪ヒブについて≫

ヒブに感染すると、どのようなことが起こるか?

ヒブの正式名=ヘモフィルスインフルエンザ菌b型
これは、最近による子供の感染症の主な原因菌のひとつです。

冬に流行するインフルエンザのウイルスとは全く別のものですが、
咳やくしゃみなどで感染します。
この菌が血液中に入り込むと、髄膜炎や肺炎などを引き起こします。

全国で年間約600人の子供がヒブ髄膜炎にかかっており、
そのうち約5%が死に至り、
約25%に発育障害・聴力障害・てんかんなどの後遺症が残っています。

生後3カ月~5歳未満のの子供にかかりやすく、
乳幼児期に感染しても免疫ができないので、繰り返し感染することもあります。

STEP2≪接種回数・間隔について≫

※発病のピークは生後8カ月頃なので、生後6カ月までに接種することが望ましい。

◆接種スケジュール  
           ★2か月齢以上7カ月未満➝4回
           (初回…4~8週間隔で3回  追加…3回目の接種から1年後)

           ★7か月齢以上12カ月齢未満➝3回
           (初回…4~8週間隔で2回  追加…2回目の接種から1年後)

           ★1歳以上5歳未満➝1回    

STEP3≪副反応について≫

● 接種部位の腫れ・赤み・しこり・疼痛
● 発熱・食欲不振・嘔吐・下痢・不眠・不機嫌

● 非常に稀ですが、重い副反応としてショック・※アナフィラキシー症状
  けいれんなどが報告されています。
  ※アナフィラキシー(接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応のこと)

◆必要性や副反応などを十分に理解し、納得した上で接種するかどうか考え、
 分からないことは接種を受ける前に、かかりつけ医に相談しましょう。

 

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

・母子健康手帳 ・健康保険証 ・予診表(各委託医療機関に)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ