笑える映画

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:607
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by みいぶう
2011年2月までに私が見た邦画の、おすすめなものを紹介します。
(コメディ部門)

STEP1「亀は意外と速く泳ぐ」

監督:三木聡
脚本:三木聡

出演:上野樹里、蒼井優、岩松了、ふせえり、要潤

爆笑というよりかは、なんか面白い。クスッと笑える。そんな感じです。
悪くいうと「くだらない」「意味がない」。またそれが三木聡監督の魅力。
それぞれのキャラが本当に面白くて、私はもう3回ほど見ています。
心が温まり、癒されて、悩みなど、まあいっか。と思えるスッキリする映画です。

STEP2「下妻物語」

監督:中島哲也
脚本:中島哲也

出演:深田恭子、土屋アンナ、宮迫博之、篠原涼子、樹木希林

これは本当に大笑いしました。
テンポがよくて、映像も鮮やかで、とても素晴らしい作品です。
音やアニメーションの効果を上手く取り込んで笑いを誘ってらっしゃる
中島哲也監督はすごいと思います。

STEP3「舞妓Haaaan!!!」

監督:水田伸生
脚本:宮藤官九郎

出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、伊東四朗、生瀬勝久

これも大笑いしました。この作品もすごくテンポがいいですね。
阿部サダヲの演技がはっちゃけていてとても面白い。
脚本も「ありえないだろ!」っていうはっちゃけ感がいいですね。

STEP4「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」

監督:塚本連平
脚本:福田雄一

出演:市原隼人、佐々木蔵之介、麻生久美子、石田卓也、石野真子

くだらないけど面白いイタズラがよく考えつくなと感心します。
それに対抗する駐在さんの返しも面白いです。
イラストや文字の効果も入っていて、それもまた笑いを誘っています。
余談ですが市原隼人がカッコイイ。

まとめ

【この人が面白い!】

三木聡

監督:イン・ザ・プール、亀は意外と速く泳ぐ、ダメジン、
    図鑑に載ってない虫、転々、インスタント沼
出演:たみおのしあわせ

俳優の使い方が素晴らしいと思います。
岩松了、ふせえり、松重豊、村松利史、森下能幸、嶋田久作さん
などがよく出ているのも面白い魅力のひとつ。


中島哲也

監督:下妻物語、嫌われ松子の一生、パコと魔法の絵本、告白

映像が色鮮やかでとてもキレイなのが魅力ですよね。
俳優を豪華に使うのも特徴のひとつだと思います。
俳優人たちにさせる思い切った演技に取り込まれます。


三谷幸喜

監督:みんなのいえ、THE 有頂天ホテル、ザ・マジックアワー

セットが豪華。俳優も豪華。ちょっとした小技に笑えます。
中島監督は「ドーン!」なら三谷監督は「ちょこっ」みたいな。
心温まる感じがいいですね。


宮藤官九郎

監督:真夜中の弥次さん喜多さん、少年メリケンサック
脚本:GO、舞妓Haaaan!!!、なくもんか

はちゃめちゃ、めちゃくちゃな感じが面白い。
感動するし、スカッとするし、センスが物凄く感じられます。


松尾スズキ

監督:恋の門、クワイエットルームへようこそ         
出演:イン・ザ・プール、図鑑に載ってない虫

このひとの独特な雰囲気と喋り方が面白いです。
イン・ザ・プールのめちゃくちゃな役どころにもツボ。
監督作品は、メリハリというか緩急があって、テンポも速いから見てて飽きないし
泣いたり笑ったり面白い。
      

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

テレビ DVD

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ