マンションと一戸建て購入のメリット、デメリット

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:853
  • ありがとう数:0

はじめに

マンションと一戸建て購入のメリット、デメリットを紹介します。

STEP1[マンションのメリット]

マンションは、駅から徒歩圏内に建設されることが多く、利便性が高いところが多いです。

また、タワーマンションの高層階を選ぶと、夜景や眺望も良く、景色を楽しみたい人には嬉しいです。
そういった人は、暮らしていて満足感を得ることができます。

また、敷地が少ない分、冷暖房費が少なくて済むといったコスト面でのメリットもあります。

STEP2[マンションのデメリット]

マンションで一番取り上げられるのは、生活音の問題。
隣、上下階への配慮が必要なので、騒音を立てないように生活しなくてはいけません。

また、庭がない、ペットが飼えない物件がある、間取りが限られる、増築できない、共用部分の修理のための管理費が必要になるなどの問題もあります。

マンションは、共同生活。それによるわずらわしさもあるようです。

STEP3[一戸建てのメリット]

一戸建てを選んだ人の購入の決め手として、子供がのびのび走り回れる、音の問題に気を遣わなくて済むという点が大きいようです。
ただ、隣家があまりにも近接していると生活音が聞こえることもあります。

ガーデニングができる、家庭菜園ができる、ペットが飼える、増築も可能など、マンションよりもより自身がしたい住まいにすることができます。

STEP4[一戸建てのデメリット]

一番躊躇するのは、値段。
都心では、土地の面積の広さを求めると郊外になってしまいます。
都市部への通学や、通勤をするとなると不便を強いられてしまいます。

また、昨今の不景気で住宅ローンが支払えず、ローンが残ったまま売らなくてはいけない人もいるということを聞きました。

また、防犯は自分自身で責任を持って取り組まなくてはいけないこともデメリット。
そして、住宅によっては、壁の塗装、ニスを塗る、庭の管理などのメンテナンスが必要です。

STEP5[生活スタイルに合わせて]

両方にいい部分があるので、どちらがいいということはありません。
生活スタイルに合わせて、マンション、一戸建てを選べばいいと思っています。

都心だったら、マンションの方がいい、地方だったら、一戸建てが当たり前、また、転勤族だったら売れるマンション、そんな雰囲気もあるので、地域によって、住みやすい形態を取るのが一番です。

まとめ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ