職人の手作り”和三盆”をいただく

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:345
  • ありがとう数:0

はじめに

和三盆(わさんぼん)とは、主に香川県で伝統的に生産されている和製砂糖。
高級砂糖として和菓子の材料として使われていますが、そのまま干菓子としてもいただけます。

STEP1和三盆は昔ながらの製法で職人が手作りしています。

原料のサトウキビは、地元産の在来品種「竹糖(たけとう・ちくとう)」
が使われています。

サトウキビの収穫は晩秋。
寒の時期にいくつもの工程を経て白い砂糖が出来上がります。

STEP2主な工程は、茎を搾って汁を出した後、灰汁を取り煮詰め

和三盆のもとになる白下糖にします。
白下糖を寒の水を加えて練り上げて、粒子を細かくする「研ぎ」を行い
研いだ砂糖を麻の布に詰め「押し舟」で圧搾します。
それらの作業を繰り返し、最後に一週間ほどかけて乾燥させ完成となります。

こうしてできた和三盆は、和菓子の材料として使われるほか、
和三盆そのものを固めただけの干菓子としてもいただけます。

STEP3今の時期は、梅やさくらをかたどったものがあります。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ