【健康】骨の重要性

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1046
  • ありがとう数:0

はじめに

皆様は骨についてどのような解釈をお持ちですか?
体の骨組み?
骨髄を作る?
折れたら痛い?

全部あっているかと思います。
骨は体の基礎を作っている重要な部位ですが、その骨についてはあまり深く考えている方が多くないように見られます。
それはなぜなのでしょうか?
では骨についての視点を深めて見ていきましょう。

STEP1・内臓と脂肪と骨優先順位をつけるとしたら?

この器官の優先順位をつけるとしたらどれに目をつけますか?
内臓ですか?脂肪ですか?骨ですか?
1位とつけるとしたら多分骨を選ぶ人はかなり少ないでしょう。

この3つでもっとも減らすことや、健康にしようと努力をして一番効果が早く現れるのが脂肪です。
次に内臓、最後に骨となります。
結果が早く現れるもの、悪い部分が分かりやすく教えてくれるのもこの順位です。
では、骨が悪くなったらどういう症状がでるのでしょうか。

STEP2・骨が弱くなったら?

簡単な衝撃などで骨が折れてしまいます。
他にも骨粗しょう症という症状もありますね。
骨そのものが弱くなる病気です。
年老いてくると体が弱くなり、腰が曲がってしまう老人もいるかと思いますが、あれも骨粗しょう症なのです。

骨というのは内臓と同じく自分の人生において死ぬまで付き合ってくれるものです。
その骨は、簡単に強度が上がったり補強ができない分強くできてはいますが、それでも怪我や病気とは無縁ではありません。
ですので、若いうちに骨は少しずつ強くしていかなければなりません。

STEP3・骨が強いということ

体の基礎は骨から作られています。
骨に神経が通り、筋肉がつけられ、内臓が収まり、皮膚と脂肪で包まれます。
基本、骨が強ければ連なる部位、筋肉、神経、内臓、皮膚は相応に丈夫になりやすくなります。
新陳代謝が高まり健康になりやすいです。
骨の強さ=健康の高さ という式はあながち間違えではありません。

STEP4・骨を強くするには

牛乳を飲むのがかなり手っ取り早いです。
牛乳にはカルシウムのほかに豊富な栄養素が含まれており、牛乳単体で十分な栄養が得られます。
ですが、悲しいことに牛乳が嫌いだったり飲めないという人もいるので、他に豆乳やサプリなど多くの食材にも含まれているので、そちらで補給するのもいいでしょう。

カルシウムを取ったらビタミンを取ることを忘れてはいけません。
ビタミンはカルシウムの吸収を助けてくれるので、バランスよく摂取して骨の健康力を高めましょう!

STEP5・成長期にこそカルシウムを

成長期は背丈や骨が成長する時期です。
その時期に十分にカルシウムが摂取できなくても骨はぐんぐん成長しますが、骨単体の強度がかなり落ちてしまいます。
なので成長期に背を伸ばしたいとやっきになって牛乳を飲むのはいいかもしれません。

がっ!

牛乳を飲みすぎるとお腹を下す原因にもなるので程ほどにしておきましょう。
因みに、背を伸ばしたいと望む成長期の子には、十分な睡眠を与えることが背丈を伸ばす一番の方法です。
成長期に成長ホルモンが活発になり背丈が伸びるわけですが、このホルモンは十分な睡眠をとることで活発に分泌されるので、睡眠と牛乳が大きな子に育つためには欠かせないものになるのです。

まとめ

カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンとは、ビタミンDのことでこのビタミンDが腸で吸収されて、腎臓や肝臓で活性化ビタミンDという物質になります。この活性化ビタミンDがカルシウムの吸収や成長を助けてくれるのです。

活性化ビタミンDは食物やサプリなどで直接摂取できないので、実際に得られるビタミンDが重要になるのです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ