なぜアメリカはエジプトに対して発言権があるのか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:256
  • ありがとう数:0

はじめに

ニュースでは「エジプトにアメリカが意見している」と報道していました。どうして他国の内政に意見し、またそれが通ってしまうのでしょうか?

STEP1

エジプトの現ムバラク政権は親米であり、イスラエルやヨルダンとの国交も築き、アメリカと中東のパイプ役としてアメリカに協力しています。

エジプトはイスラム過激派への対応にも注力し、 見返りとして、アメリカから年間13億ドルの軍事援助を30年以上も受けています。

30年も年間13億ドルも貰っていれば、意見も通るでしょう。エジプト側も「金づる」を失いたくないですし。

STEP2

また、エジプトのスエズ運河は、ヨーロッパとアジアを結ぶ重要な航路で、アメリカにも影響します。

ご存知のとおり、この地域は石油産出国が集中していますし、アメリカの擁護のもと樹立されたユダヤ人国家のイスラエルもあり、政治的に不安定な地域です。ここで騒乱が起きると、原油の供給や価格に即座に影響します。

STEP3

スエズ運河が使えなければ、バスコ・ダ・ガマよろしくアフリカ大陸を迂回するルートを通らざるを得ず、原油をはじめとした世界の物流が大きく混乱します。ですから中東が安定し、かつ親米的な国家が多ければ、アメリカのみならず、いわゆる西側世界全体の利益にかなうというわけです。

STEP4

アメリカとしては(日本ももちろんそうですが)エジプトが極端にかじを切ることなく、
なんとかムバラク大統領を引きずりおろしたうえで、その路線を継承するような政権を樹立したいんでしょうね。

ここ最近のエジプト情勢は、目が離せません。

まとめ

参考URL
http://okwave.jp/qa/q6494717.html
[OK WAVE 何でアメリカがエジプトに口を出しているのでしょうか]

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ