鰆(さわら)の基本

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:857
  • ありがとう数:0

はじめに

「鰆(さわら)」の下ごしらえまでをご紹介します。

STEP1

漢字では魚へんに春とかいて「鰆(さわら)」とかくように、春が旬の魚ですが、1月から2月の産卵期前のものは、「寒さわら」と呼ばれ、脂がのって美味しいといわれています。

STEP2

あっさりとした味わいなので、塩焼きや、照り焼きのような和風味から、ソテーやフライのように洋風のメニューにもよく合います。

STEP3

買うときは、皮に光沢があり、身にハリとつやがあるものを選ぶとよいでしょう。

まとめ

下ごしらえの基本

調理する前には、仕上がりが水っぽくならないよう、表面の水けをペーパータオルなどで拭き取りましょう。
そうすることで、魚特有の生臭さを取ることができます。

拭き取るときは、軽く押さえるようにしてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

鰆 ペーパータオル等

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ