マンション物件のチェックポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

マンション物件のチェックポイントを紹介します。

STEP1[荷物が入るかどうか]

今までに住んでいたところから、引っ越すときに荷物がちゃんと入るかどうかはチェックしておかなくてはいけません。

荷物をメモ帳に書き出しておいて、入りそうか考えましょう。

特に、モデルルームだと、荷物は少なめになっています。
ダイニングテーブル、ソファを既に持っている場合は、メジャー必須。

家具、家電を入れたらどうなるだろう…、そう思うと案外狭いこともありますよ。
長さはちゃんと測ってから見に行くようにしましょう。

STEP2[よかったところメモをつくる]

後から思い出すと、人間の記憶はあやふや。

よかったような気もするけど…という感想になってしまいます。
なので、よかった、よくなかったところをメモで書いておきましょう。
手帳にでも構いません。

キッチンが独立していて良かった、リビングが広くていい、北の部屋は日当たりがあまり、といったように気づいた点をとにかく書いておきましょう。

STEP3[オプションはいくらか?]

マンションの場合、モデルルームは、グレードの高い部屋であることが多いです。

オプションはどこなのか、いくらなのかも計算する必要があります。

蓋をあけてみたら、基本は安かったのに、オプションで高くなってしまうケースも。
キッチン収納、床暖房などにコストがかかって、当初考えていたよりも値段が高くなってしまう可能性があります。

STEP4[もしできるなら]

新築物件で、部屋が自由に見ることができるなら、隣の部屋から音もれチェックをしましょう。

家族に隣の部屋から、壁をたたいてもらう、何か話してもらうなどして音はどのくらい聞こえるのかチェックすると、住んだ後も安心です。

STEP5[それ以外にも]

たとえば、ごみ捨ての位置、バス停の位置、駅まで歩くとどのくらいで何分くらいかをチェックしておくと安心です。

賃貸ならいいですが、購入するなら、何度も足を運んで入念なチェックをしておくと、納得した買い物ができます。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ