ベタッとなってしまった天ぷらを復活させる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:7569
  • ありがとう数:0

はじめに

時間がたってベタッとなってしまった天ぷらを、サクサクの揚げてのおいしい状態で食べられるようにする技です。DON!で放送された内容です。

STEP1

天ぷらって揚げたてはおいしいのですが、時間がたつとべたっとなってしまいますよね。復活させようとレンジを使うと逆に油でベトベトになるし、オーブンだと時間がかかる・・・そんな時に便利な方法がこれ!

STEP2

なんと、時間がたった天ぷらは、水を使えばさくさく感が復活するのです。
方法は簡単。

(1)ボールなどに水をいれ、天ぷらをかるく水にひたします。

(2)表面の水分をキッチンペーパーなどで拭き取ります。

(3))180℃の油で揚げなおすだけ!

STEP3なぜこの方法で天ぷらがサクサクに復活するのでしょう?

揚げ立ての天ぷらの衣には実は「気泡」があり、空気の穴がさくさく感を生むのです。しかし時間がたつとその気泡が無くなります。油で空気の穴がつぶれべたっとするというわけです。

STEP4しかしこの復活技を使うと、

・天ぷらを水につけることで衣に水が入って気泡がふくらむ

・揚げなおすと水が蒸発するときに空気の穴ができる

こういうわけで、サクサク感が復活するのです。
ちなみに、表面の水はちゃんとふきとらないと油はねしますので注意。
コロッケ・メンチカツ・エビフライなどにも使えます。

STEP5コツは、実際にあげる場合の半分の時間で揚げること!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ