老女たちがネットで開くランジェリーショップ「マルタのやさしい刺繍」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2004
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
老女たちがネットで開くランジェリーショップ「マルタのやさしい刺繍」

保守的な村でランジェリー店を開こうとする
老婦人と友人たちの奮闘を描いた物語、
「マルタのやさしい刺繍」を見てみませんか?

いくつになっても、やる気があれば挑戦できる!と元気が出ます。

STEP1

スイスの小さな村に暮らす、80歳のマルタ(シュテファニー・グラーザー)。彼女は9か月前に夫に先立たれ、意気消沈したまま過ごしていました。心配した友人のリージ(ハイジ=マリア・グレスナー)、フリーダ(アンネマリー・デューリンガー)、ハンニ(モニカ・グプサー)は、彼女を元気づけようと思案しました。そして、マルタが縫製をしていたことを知ったリージたちは、村の合唱団の破けた団旗の修復を依頼します。

彼女たちと生地を買いに出掛けたマルタは、生地屋で美しいレースを見て、叶えられなかった夢を思い出すのでした。

STEP2

マルタの夢は、パリのシャンゼリゼ通りに自分で刺繍をしたランジェリーの店を出すことでした。

彼女は夢を叶えるため、息子で牧師のヴァルター(ハンスペーター・ミュラー=ドロサート)に内緒で計画を進めます。そんな彼女を手伝うのは、未婚の母リージだけでした。老人ホームにいるフリーダや、息子から体の不自由な夫とともに施設に追いやられそうになっているハンニは、マルタの行動を理解できなかったのです。

そんなある日、ハンニの息子で保守派政党のフリッツ(マンフレート・リヒティ)が合唱団の団旗を取りに来て、ランジェリー・ショップの計画を知ってしまいます。

STEP3

保守的な村の伝統が汚されると言って、フリッツは激怒。噂はすぐ村中に広がり、皆の笑い者になったヴァルターは商品をゴミ箱に捨ててしまいます。それでも夢の実現に向けて困難に立ち向かうマルタの姿を見て、ハンニとフリーダはマルタを手伝うことを決め、彼女たちもまた変化し始めます。

ハンニは夫と自立するため自動車教習所へ通い、フリーダは老人ホームで知り合ったルースリに誘われ、ホーム内のパソコン教室に参加します。村にはランジェリー・ショップの顧客がいなかったので、フリーダはインターネットで販売することを思いつきます。すると、瞬く間に注文が舞い込んでくるのでした。夢を諦めず挑戦していくマルタと友人たちの姿に、最初は冷笑していた村の人々にも、やがて変化が訪れます…。

まとめ

監督は、ベティナ・オベルリ。
2006年制作のスイス映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

マルタのやさしい刺繍

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ