連絡を聞いていない と言われる時は?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:269
  • ありがとう数:0

はじめに

きちんと連絡をしていても、
「聞いていない」と言われることがあります。
そんな時はどうしたらいいでしょう?

STEP1メールで送る

口頭で伝えたり、用紙に書いて渡すと、「聞いていない」と言われる確率が高まります。
中には、メールが嫌いな人もいますが、そういう時には、
口頭伝達・メール 手紙・メール というふうに組み合わせるといいでしょう。
「念のために、メールでも送りますね」と、一言添えるといいでしょう。

STEP2CCで送る

さしつかえのない範囲であれば、CCで送るといいでしょう。
何かあったときに、他の人からもフォローしてもらえます。

STEP32回送る

「先日も連絡していましたが・・・」という前置きを添えて、
時間を置いて連絡事項を繰り返します。
同じものを2度送ると、しつこくなりますので、何か補足の連絡を加えるといいでしょう。

STEP4メールを送った直後に電話をする

気軽に電話をかけることが出来ない相手もありますが、
友人であれば、電話で「先ほどメールを送りました」
と伝えると、より確実でしょう。

まとめ

悪気はなくても「聞いていない」という人は、よくいるものです。
きちんと連絡をしていれば、あまり気にしないようにしましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ