子育ても家事もまるで手伝わない若いパパに、協力させるには?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
マメに育児参加をしてくれるパパもいれば、いまだに手伝ってくれない男性もいます。 専業主婦ならいざ知らず、共働きのママにさえ手伝わないなんて呆れます。 そんなときは、ママの賢い操縦ほうが必要です。

STEP1

一人暮らしの経験のある男性のほうが、わりと良く手伝ってくれるようです。

一人暮らしの経験のない弾性は、家にいるときは、母親に上げ膳据え膳してもらって、なにもしてこなかったら、経験がないので、家事をどうやって手伝っていいかわからないし、やったことのないものは、とかく面倒で嫌な物です。

家事に協力してとか、育児に参加してというと、それだけで精神的に負担に思ってしまうかもしれません。やったことがないのですから。

STEP2

ここは、ママが頭を使って、幼稚園の子にお手伝いをさせるように段階を踏んで、ジワジワトパパを躾けていく覚悟でやってみたらどうでしょうか。


最初は簡単なことを頼んで、やってくれたらオーバーに感謝して、いい気分にさせて、それを徐々に増やしていくとか。

なかなか思うようにいかなかったりしますが、ここは大目に見てあげてましょう。

なんといっても、男性はわからないのですから。

徐々に、徐々に目的を達成するようにしましょう。

賢いままの奮闘を祈ります。
頑張ってください。

STEP3

パパもお仕事大変でしょうが、ママも働いているのに知らん顔では、いつかそのツケがパパに回ってきて、子供たちが少し大きくなれば、パパは相手にされなくなってしまいます。

パパに気付いててほしいですね。

言って解ることではないだけに、難しいですが、頑張ったママには、それなりに神様から大きなご褒美が必ずあるはずです。

まとめ

こういう解らないパパがいるのですから、父親学級でもあればいいのにね!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ