大陸横断と男女差を乗り越えて得た絆「トランスアメリカ」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:277
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
大陸横断と男女差を乗り越えて得た絆「トランスアメリカ」

トランスセクシュアル(性同一性障害)の父親と
まだ見ぬ実父との出会いを望む息子との
大陸横断(トランスアメリカ)の旅と絆を描いた
映画「トランスアメリカ」を見てみませんか?

STEP1

LAで独り暮らすブリー(フェリシティ・ハフマン)は、トランスセクシュアル(性同一性障害)。肉体的にも女性になるための最後の手術を控えたある日、NYの拘置所からトビー(ケヴィン・ゼガーズ)という少年が自分の父親を探していると電話をかけてきます。かつてブリーは男性として生活していたことがあり、一度だけ女性と関係を持ったときに息子が生まれていたのです。セラピストのマーガレット(エリザベス・ペーニャ)から、このままでは手術に必要な書類にはサインはできないと言われ、仕方なく貴重な手術費用に手をつけNYに出向き、保釈金を支払うのでした。

STEP2

トビーの生活にかなり荒れている様子を見たブリーは、さすがにこのまま別れる訳にはいかなくなります。トビーから、実母は死に、継父がケンタッキーに住んでいるということを聞いたブリーは、秘かに進路を変え、彼を継父の元へ送り返そうとします。嫌がるトビーを無理矢理継父に引き合わせたブリーは、そこでトビーが継父から虐待を受けており、それが原因で家出したことを初めて知るのでした。そこで二人はLAに向かうため、再び車を走らせました。

STEP3

旅の途中、ブリーが立ちションをしたため、トビーは隣にいる女性が男性で、しかも実の父であることを知ります。しかし、その事実をトビーは受け入れられませんでした。二人の旅はわかり合えずに終わり、別々の道を歩むことに。トビーの役者になる夢も、中途半端に終わりました。しかし、その後見事手術を終え、完全に女性になることができたブリーはトビーの元を訪ねます。二人は性差や父・母という区別を超越した、お互いを必要とする人間同士の結びつきを持つのでした。

まとめ

監督は、ダンカン・タッカー。
2006年制作のアメリカ映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

トランスアメリカ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ