就職活動、電話のかけ方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:653
  • ありがとう数:0

はじめに

就職活動をする上で、避けて通ることの出来ない電話。面接官は、問い合わせの段階から、応募者の話し方や言葉遣いなどをチェックしているものです。直接相手から姿は見えなくても、声の調子や用件の伝え方で第一印象はプラスにもマイナスにも変わっていきますの出、基本的なマナーを抑えておきましょう。

STEP1

まずは時間帯です。就業開始直後は、多くの会社がミーティングを行っていたり、その日の業務計画を立てたりしています。また、就業終了間近は、その日の業務整理や次の日の準備といった重要な時間に充てていることが多いです。そのような時間は避けて電話をかけるようにしましょう。

STEP2

電話をかける時は、できるだけ自宅の固定電話からかけるようにしましょう。携帯電話を使う場合は、周囲の雑音が入りにくく、相手の声もしっかり聞こえる場所を選びましょう。周りがうるさくて聞き取れず、「すみません、もう一度お願いします」「声が聞きづらいのですが」と何度も聞き返す行為は、相手に失礼になりますので、気をつけましょう。

STEP3

電話は志望する企業とのファーストコンタクト。緊張のあまり、おかしな敬語になってしまったり、会話がたどたどしかったりすると、それがあなたの第一印象になってしまいます。話すべきコト、聞くべきコトをきちんとメモにまとめ、復唱して練習しておくといいでしょう。

また、携帯電話を使う時は、電波や電池残量を確認しておきましょう。

面接日時や当日の持ち物などを書き留めるメモとペンや、何を聞かれても答えられるように、企業の資料などを手元に準備して臨みましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ