介護の現場で働く人たち

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:569
  • ありがとう数:0

はじめに

一口に介護と言っても、色々な職業があります。

STEP1ホームヘルパー

自宅で過ごす高齢者や障がい者を訪問し、家事や介護など、生活全般のサポートをします。ケアマネージャーが作成したケアプランに基づき、一人一人に必要なサービスをします。

STEP2介護職員

福祉施設を利用する人の生活全般を介助します。具体的には、身体や精神に障がいが有り、日常生活に支障がある人に対し、食事や入浴、排せつなどの生活全般の介助をします。介護福祉士は、介護職員や、ホームヘルパーとして働くコトができる国家資格です。資格がないと就けない職種ではありませんが、介護福祉士、もしくは、ホームヘルパー2級の資格取得が条件になっている場合が多いです。

STEP3介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護施設などで、介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。利用者が家族などからの相談に乗り、適切なサービスを受けられるように計画を立てます。複数の施設などとの連絡調整に当たったりする場合もあります。介護支援専門員の資格が必要になります。

STEP4生活相談員

福祉施設で、入所者の相談や援助に当たる職員、入所者の話を聞き、家庭や医師、行政機関などと相談した上で、一人一人の援助計画を立てたり、入退所の手続きを行います。国家資格の社会福祉士、または社会福祉主事任用資格が必要です。

まとめ

このほかに、看護師、理学療法士、作業療法士、栄養士、事務員、乗務員といった人達が福祉施設で働いています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ