ハンガーで洗濯物を干す時

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1102
  • ありがとう数:0

はじめに

ハンガーで洗濯物を干す時、皆さんはどうされてますか?
風がある日に、ベランダで干していると、洗濯ものが飛んで行ったご経験ございませんか。
洗濯ものが飛ばなくなるアイデアをご紹介。

STEP1

小さいころ使っていたようなゴムのなわとびを物干し竿にぐるぐる巻きつけて使ってみてはいかがでしょう。わざわざなわとびを買うのもなーって思っている方は、洗濯の竿に太目の紐を螺旋にくるくるとはわせ、そして出来た紐の谷になる部分にハンガーを引っ掛けるといいと思います。
一定の間隔があるため洗濯物同士も寄らないようですし、あまりお金も掛からずいいと思いますよ。

STEP2

ハンガーの引っ掛け部分が、クリップになったものに変えてみてはいかがでしょう。たいていのハンガーは、はてなマークの形になっていると思いますが、クリップタイプのは、その部分が、洗濯バサミ状になっていますよね。しかも、穴のサイズが、物干し竿用と、ロープ用の両方あいているので、どちらにでも使えますよ。3本セットで400円位しますが、すごく便利なようですよ。台風が来ても吹き飛ばないようですよ。

STEP3

サランラップの芯を適当な長さに切って竿に通してその間にハンガーをかけてみてはいかがでしょう。ロープとおんなじ事だと思いますが、再利用にもなるし、お金もかからないのでいい方法だと思いますよ。

まとめ

家を空けることが多い方などに、ぜひお試ししていただきたいと思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ロープ サランラップの芯 クリップ式ハンガー

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ