鼻アレルギーのレーザー治療の上手なかかり方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:751
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
比較的新しい鼻の治療法にレーザー治療があります。

鼻の中の粘膜に弱いレーザー光を当てて、粘膜の腫れ、むくみをとります。花粉やダニ、家のホコリ等に過敏になった粘膜の感受性を低下させて症状をやわらげる方法です。

STEP1レーザー治療の手術のやり方。

鼻の中の粘膜に弱いレーザー光を当てて、粘膜の腫れ、むくみをとります。花粉やダニ、家のホコリ等に過敏になった粘膜の感受性を低下させて症状をやわらげる方法です。

STEP2

本来鼻の治療は、薬での治療が基本ですが、何らかの事情で薬が使えなかったり、薬が効かない人にこの手術が行われます。

手術後の反応も、その人の体質や、症状の重さなどで違ってきます。術後2,3日は鼻づまりで苦しんだ後、1週間たったら、酷かった鼻炎の症状がなくなり、大喜びしたのもつかの間。3週間したら元に戻ってしまったという人もいます。

先生からは、早い人では、1ヶ月で戻るかもしれないということは聞いてはいましたが、あまりにも早かったので、本人の落胆ぶりはおおきいいものがありました。

この手術は、なんどやっても大丈夫とのことですが、こんなに早くもどってしまっても、意味があるのでしょうか。

STEP3

人によっては、術直後も少々ヒリヒリする程度で終わり、鼻水が少し多かった程度の人もいます。これで効果があったのかなと思っていたら、花粉症の時期になっても症状が出なかった人もいます。

体質の他にその医院との相性もあると思います。

炭酸ガスレーザー、ヤグレーザーなど数種類あり、医院によっても使われるレーザーが違いますので、次の手術には医院を変えてみるのもいいかもしれません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ