様々ある鬱病のなかの、冬季鬱病ついての改善方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1576
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
鬱病にも様々な種類がありますが、なかでも冬になると、鬱っぽくなる、テンションが下がる、元気が無くなるという、冬季鬱病があります。

2月ごろになると、段々解消する人が多いようですが、原因を探り、防げる、あるいは軽くなるものなら軽くしたいものです。

STEP1日照時間の違い。

同じ日本の中でも、日照時間が大きく違い、1,5時間も違ったりします。
冬季鬱病の人がその差がある土地に引っ越した場合は、ほんとうに辛いものがあるようですが、このことから考えても、日照、特に朝日が強く関係しているのがわかります。

ということは、冬季鬱病の人は冬の間は、朝日に多く当たる事に専念したら、冬季鬱病を軽減できます。

今はほんとうに、良い電気製品が開発されていて、朝日が当たる時間に、朝日と同じ効力を持つ電気を発する電気製品も売られています。

そういうものを利用して、鬱病の悩みを少しでも軽く出来たらいいですね。

STEP2ストレスを軽くする。

ストレスを軽くするといっても、そんなに簡単に軽くなってくれないのが、ストレスです。
「心よ、かるくなーーーれ!」と叫んだところで、心は軽くなってはくれません。

内部を変えようと思っても無理がありますから、物理的にご機嫌になれるよう、工夫をしてみましょう。

ある冬季鬱病の方は、1日にひとつ、好きなことを必ずやるようにしているそうです。

自分のご機嫌タイムを、必ず一つ取ることで、ささやかでも、気持をちょっぴり上向きにできるのではないでしょうか。

STEP3

厳寒の地方のものにとっては、春の訪れは涙が出るほど嬉しい物ですが、冬季鬱病の方にとって、待ち遠しいことと思います。

冬季鬱病で苦しいときは、待ちわびた春をイメージしながら、甘いコーヒーでも飲んでみてください。

その瞬間だけでもハッピーになれること請け合いです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ