糸電話を曲げる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3429
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
糸電話の糸を曲げても、伝わるようにする方法です。

STEP1①糸電話について

音は、空気を振動させて伝わります。
糸電話は、糸を振動させることで、
空気と同じように音を伝えます。

よって、ある程度離れていても、
糸が直線で繋がっているかぎり、
音は綺麗に伝わります。

STEP2②なぜ曲げると音がしなくなる?

しかし、糸が曲がっていると、
音は上手く伝わらなくなります。

その理由は、張り詰めていないと、
糸が上手く振動しなくなるからです。
例えばギターの弦も、振動することで音がでますが、
緩ませていくと、どんどん低い音になってしまい、
最終的に音がしなくなることがわかるはずです。

よって、何かに当たっていたり、たるんでいたりすると、
音は伝わらなくなってしまいます。

STEP3③曲げ方

よって、手でつかんで曲げたり、
柱などで曲げたりすると、
その部分で振動が殺されてしまい、
音が伝わらなくなってしまいます。

しかし、振動を殺さない方法もあります。
それは、糸電話より細い糸で、
糸電話の糸の途中を引っ張る方法です。

これにより、振動が細い糸にも流れるものの、
音が伝わるに十分な振動を残すことができます。

まとめ

タコ糸だけでなく、ゴムなどいろいろなものでできます。自由研究にもよいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ