倒産しかけた靴工場を救うには?「キンキーブーツ」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:620
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
倒産しかけた靴工場を救うには?「キンキーブーツ」

倒産寸前の靴工場を再建するために、
ドラッグクイーン専用ブーツを作る決意をする
青年たちの苦労と成功の物語、
「キンキーブーツ」を見てみませんか?

実話に基づくストーリーです。

STEP1

父親が突然死に、倒産寸前の田舎町ノーサンプトンの靴工場を相続したチャーリー(ジョエル・エドガートン)。どうにもうまくいかずロンドンでやけ酒を飲んだ帰り道、からまれている美女を助けようとした彼は、一発でのされ逆に彼女に助けられます。しかも、彼を助けた美女は、実はドラッグクイーンで男のローラ(キウェテル・イジョフォー)なのでした。彼女は足に合わないセクシーブーツに悩まされながらも、毎晩華やかなステージを繰り広
げていました。

STEP2

ノーサンプトンへ帰り、日に何人も職人たちを解雇するチャーリーに、クビになったローレン(サラ=ジェーン・ボッツ)は、他社の社長はただ座って嘆かずに乗馬靴や登山靴でニッチ市場を開拓していると叱咤します。目を覚ましたチャーリーは、彼女を臨時顧問に任命します。

その夜彼はローラのクラブへ行き、男性の体重を支えられるドラッグクイーン御用達のキンキーブーツの市場価値を尋ねます。そして、ドラッグクイーンたちの好反応に市場開拓の感触を得るのでした。

STEP3

ある日、チャーリーのもとへローラが乗り込み、デザイン画を描き始めます。それは、驚異的な美しさとシルエットを持つ究極のキンキーブーツでした。チャーリーはローラを靴工場の専属デザイナーに据え、工員たちの失笑を買いながらも二人で試作を重ねます。

ある時、生前の父が工場の売却話を進めていた事実を知ったチャーリーは、売却ではなく全生産ラインをキンキーブーツ一本に絞り、一ヵ月後のミラノの見本市に工場の命運を賭けるという答えを出うのでした。

まとめ

監督は、ジュリアン・ジャロルド。
2005年制作のアメリカ・イギリス合作映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

キンキーブーツ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ