血糖値は調節されているはずなのに・・・

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

血液中の糖分の量が“血糖値”です。 糖分はとても大切なエネルギー源ですので、 体が糖分うまく利用できるよう、血糖値はいろいろな ホルモンにより一定の範囲に保たれています。

STEP1血糖値がうまく下がらず、上がりっぱなしの状態になるのが

「糖尿病」です。

余分な糖分は血管を傷つけてしまい、体にとって害になります。

STEP2

血糖値を下げることは、元気で長生きするために大切なことです。

しかし、血糖値は低ければよいというものではないのです。
低すぎる状態は、体のエネルギー源がないのと同じことだからです。

STEP3体の中で、血糖値の調節がうまくいかなくなってくると、

食べた後に血糖値が上がったり、逆に空腹の時は
下がったりすることがあります。

そういったデコボコも、体に害を及ぼすことがあります。

血糖値は、食前、食後も正常範囲に保つことが重要なのです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ