一線を越えるのは、何回目のデート?「40歳の童貞男」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:766
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
一線を越えるのは、何回目のデート?「40歳の童貞男」

40歳の童貞男が素敵な女性と出会い、
仲間たちの協力を得てロスト・ヴァージンを
目指す過程を描いたコメディ、
「40歳の童貞男」を見てみませんか?

主人公が男仲間にあれこれ教授を受けるシーンが、コミカルです。

STEP1

40歳のアンディ(スティーヴ・カレル)は、「600万ドルの男(1970年代に放映されたアメリカのテレビドラマ)」の上司のフィギュアと「エイジア(イギリスのロックバンド)」のフレーム入りポスターとテレビゲームに囲まれた部屋で暮らしているオタク。

家電量販店の商品管理を担当する彼は、仕事仲間とポーカー中に、自分が実は童貞であることを知られてしまいます。翌日から、デビッド、ジェイ、キャルの悪友3人組による、アンディのロスト・ヴァージン作戦が始まりました。バーでナンパの手ほどきをされたり彼らの経験談を聞かされ、女性を崇高なものと考えるアンディは、彼らからバカにされるばかりでした。

STEP2

そんな時、意外な出会いが訪れます。向かいの店でネット競売の仕事をしているトリシュ(キャサリン・キーナー)が、アンディの店にやって来たのです。落ち着いた雰囲気と優しそうな彼女の瞳にアンディのときめき、いつになく会話が弾み、電話番号をゲットしました。

そんな彼の姿を、例の3人組が見逃すはずはなく、レッスンは次の段階へと進みます。脱毛によるボディケアと、クールでエロな会話を実践。やっとのことで初デートにこぎつけ、いよいよベッドへというところで彼女の娘が部屋に入ってきてしまい、初体験はおあずけに。

STEP3

この日を機に、アンディとトリシュは何でも話せるいい関係になっていきました。トリシュは子供が3人いることを告白、アンディは「自分が童貞である」ことだけは、どうしても伝えられませんでした。慎重な性格のトリシュから、これからもデートを続けるならしばらく肉体関係はナシにしないかと提案され、アンディはこれに賛成します。

20回目までベッドインを我慢することにした二人は幸せいっぱいのデートを重ね、ついにその時がやって来ると、勿体ぶるアンディにイラついたトリシュの売り言葉に買い言葉で家を出てしまったアンディ。その隙に彼の部屋で怪しげなビデオなどを大量に発見してしまったトリシュは、逃げ出します。それを追ったアンディが童貞だったことを告白、目出度く二人は結ばれるのでした。

まとめ

監督は、ジャド・アパトウ。
2005年制作のアメリカ映画です。

必要なもの

40歳の童貞男

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ