熱中症にならないための予防方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:961
  • ありがとう数:0

はじめに

エルニーニョ現象のおかげで、暑い日が続きます。暑いと熱中症患者が急増しますが、実はレジャーのときや外にいるときに起こるとは限りません。むしろ自宅での熱中症が近年多発しているそうです。

STEP1体調を整えます。

基本中の基本ですが、やはりこれが一番です。ちょっと体調が悪いなと思ったら、運動や外出は控えてゆっくり休むことが大切。仕事などで出かける用事がある場合でも余裕を持って、体調管理に気をつけましょう。

STEP2服装に気をつけます。

風通しの良い服と、帽子を必ず被りましょう。帽子を被るだけでかなり涼しく感じられ、頭部のヒートアップを抑えられます。また、つばの広いものにすることで体温も下げられます。
最近では冷涼感のある高機能な物もあるようです。

STEP3こまめに水分補給をします。

喉が乾く前に定期的に水分補給をしましょう。また、汗をかくと塩分を失い、ひどい場合には動けなくなります(実体験)のでスポーツドリンク等、ナトリウム(塩分)を少し含んだものを取るようにすると、なお良いです。

STEP4年齢を考えます。

自分はまだまだ若いとおもっていても、事実としてお年寄りの方が多く亡くなられています。また小さい子供は本当に体力がありません。さらに言葉で言い表すことができなかったりするので、大人や周りの人が気をつけてあげましょう。

まとめ

熱中症は、熱射病とは違い、自宅内でも起こります。あまり暑すぎる場所には長時間いないようにしましょう。

関連するタグ

必要なもの

帽子 水(水分)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ