部屋を広く見せるコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1
  • ありがとう数:0

はじめに

センスがない、家が古い、なんて理由をつけて部屋作りをあきらめていませんか? 基本的なルールを知っていれば、それだけでお部屋を広ーく見せることができちゃうんですよ☆ ぜひお試しください♪

STEP1●壁紙や家具、家電などの色をあわせる

部屋に置くものの色がばらばらだと、一度にいろいろなものが目に入り、狭く感じます。
まず、部屋全体の基調色を決めます。
壁紙などもともとあるものを基準にするのがいいですね。
冷蔵庫や大きな食器棚、テーブルなどの大きいものは色選びに特に注意が必要。

STEP2●家具は低いものを選ぶ

家具の背が高いと圧迫感があり、部屋を狭く見せてしまいがち。
腰の高さくらいまでのものがおすすめです。
目線が低いと広く感じます。

STEP3●布をアクセントに

カーテン、ラグなどのファブリックは簡単に取り替えることができてリーズナブルなので、部屋の色のアクセントに最適!
部屋の基調色に合わせてもよし、季節ごとに変えるものよし。

STEP4●緑を置く

部屋を明るく見せるためのアクセントには、観葉植物やハーブなど、グリーンを置くと良いです!
植物の立体感や躍動感が、部屋に奥行きをもたせてくれますよ。

まとめ

●同じ色のものでも、ツヤのありなしで見た目がかなり違ってくるので注意が必要です。 ●ハーブなどを育てれば、お料理にも使えて一石二鳥です! ●ファブリックは手作りしてもいいですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ