風邪が治るメカニズム

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

今の時期、流行の風邪ですが風邪が治るってどういう事?という疑問を解決します。 早期回復の為には風邪が治るというメカニズムを知っていれば自分でも最善の方法を取る事ができると思います。そこで今回は、風邪が治るという事の詳細をまとめました。

STEP1

風邪を引くと熱が出て、食欲が無くなってあまり食べられなくなり、場合によっては吐いたりします。
これらはすべて、生体防御の機能のなせる業です。
風邪のウィルスをやっつけるリンパ球は、平熱では最大の力を発揮できず、38度~39度くらいで最大の力を発揮できます。
ですので、解熱剤で熱を下げると、楽にはなりますが熱を下げすぎるとリンパ球の能力が低下し、風邪がなかなか治らず長引くことになります。ひどいときには、熱も無いのに肺炎になるときもあります。

STEP2

もし、40度以上の高熱が発熱した場合は、最小限度の解熱剤で体温を38度くらいまで下げるとリンパ球の力が最大限に発揮でき、早期回復しやすくなります。

STEP3

※会社や学校を休めないなら、多少はしょうがないですが、休めるのであれば、水分をたっぷりとって、熱を下げすぎず暖かくして寝るのが早期回復への近道です。
ちなみに、風邪の急性期に、あまり食欲が無いときは無理して食べないほうがよいです。

まとめ

解熱剤を服用すると熱が下がり楽になるのですが、逆に下げすぎると逆効果になります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ