火事の元になるなど考えられなかった電子レンジ。でも注意が必要だったのです。!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:848
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
電子レンジで卵は温めては危険ということは知っていました。
爆発して、酷い状態になったのも、テレビで見ていましたが、ほんの少量温めただけなのに、火が出たという実があがっていると、発表されました。

少量温めただけのに、いったいなぜ???

STEP1皮や殻がある食材は危険!

イカや銀杏など「皮や殻がある食材」をレンジで温めたりすると、内部の水分が膨張して、破裂する可能性があるため危険ですと、呼びかけていました。

銀杏もあげられていたので、以外でした。
覚えておられる方もおられるでしょうがその昔(30年以上も前ですが)電子レンジがかなり普及した頃のこと、シャンソン歌手の石井好子さんが、レンジのテレビCMに出演しておられました。
そして、レンジでチンしたギンナンを「これ、ギンナンなんですよ!」と言いながら、お口に入れていました。
石井さん、危なかったのですね・・・。

ここまでは、レンジ内での爆発で、火事までには至らないのですが、問題は、「少量温めてとき」だそうです。

STEP2

レンジは電波(電磁波)で水分子を振動させて、ものを温めるので、
加熱物が少ないと、電波が集中してし、発火や発煙に繋がる事があるそうです。具体的な量は、どんな食材でも100グラム以下の量で加熱するのは避けた方が安全とのことでした。

電子レンジ内のゴミが発火の原因になる可能性もあるので、レンジ内は綺麗にしておく必要があるそうです。

充分気をつけたいものです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ