お粥で老化を予防しよう

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

お粥は、低カロリーとしてまた、ダイエットとしても最近注目されている食品です。 朝食に食べる人も少なくなく、ホテルのレストランなどでもバイキング形式で朝食にでたり、専門店も存在する。

STEP1

いつの間にか日本では、お粥は老人、病人又は貧し人が主に食べる物というイメージになってしまいました。
それは、戦時中の貧しい食生活でお粥=貧困のイメージが残ってしまったのですね。 

ですが、お粥ほど消化がよく健康にいい食べ物はない!現代人に提起した食べ物だと思います。

STEP2

特に、玄米には、タンパク質や糖質以外にもビタミンやミネラルが豊富ですし
胚芽部分にビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、葉酸などビタミンB群が多く含み、ビタミンB群は、よりダイエットに効果てきめんです。
さらに、疲労を回復、水分を含んだ美肌を保ち、ストレスに強い体をキープします。

また、玄米の食物繊維は、糖質や脂質の体への吸収を緩やかにするため「便秘」の改善に効果があります。
玄米の外皮に多いフィチン酸は、有害物質や脂肪を体外に排出すると言われています。

まとめ

玄米は、精白米に比べ食感があるので、よく噛んで食べる習慣がつき、早めに満腹感が得られます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ