乙女たち! みんなで受けよう!             無料予防接種 ~子宮頚ガン~

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

   以前、女性議員の方たちが、声高々にうたっていた  子宮頚ガンの予防接種の無料化が、各地で実施される様になりました。  

STEP1 

 <どんな人が対象でしょう?>
 
 初性交渉前の、10歳前後~14歳に予防接種は可能としています。

 15歳~25歳に比べて、10歳~14歳で受けると
 高い免疫原性が得られるとの事です。

  

STEP2

 <なぜ、この歳なのでしょう?>

 ・初性交の経験率が、中2で5%、中3で10%とのぼること

 ・10歳台の子宮ガン検診の受診者が、ほぼゼロであること 
 
 との理由です。


 子宮頚ガンになる理由である、15種類ほどの「発がん性HPV」
 ウイルスは、皮膚や粘膜に存在するウイルスだという事です。

 そのウイルスが、性交渉の時、感染する可能性が強い
 という事で、初性交をする前に、予防しておこう
 というわけです。

STEP3

 <予防接種の受け方は?>

 ・全部で3回
   2回目は、1回目から1カ月後
   3回目は、1回目から6ヶ月後

 ・筋肉注射 

まとめ

 ただ、副作用も報告されています。    失神・意識消失などの症状が出る人もいる  との事ですので、接種後、すぐに帰らないで  病院内で、様子を見ることは大切でしょう。  

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ