一人でテニス!一人で練習する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3433
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
基本的に、テニスは二人でやるものですが、一人でも出来ます。

一人だったら、いつでも練習が可能です。

そんな一人でやる「テニス」どのように行うのでしょうか?

STEP1一人でテニスを練習する方法

★壁打ち
コート半面ほどのスペースで行います。ネット部分に壁があり、壁に対して打つと自分に帰ってくるので、ひたす打ち返しラリーを続けます。

★オートテニス
コート半面のスペースのネット部分に球出し機が設置してありお金を入れるとボールが何十球か発射されるので、これを打ち返します。


★素振り
テニスをやっているのを想像して、イメージをふくらませ、素振りを繰り返します。
素振りであれば、ゆっくりとしたスイングスピードで回数を多くするとフォームが固まりやすいです。

STEP2壁打ちついて詳しくみてみましょう。

自分が打ったボールのスピードがそのまま返ってきますから、適したスピードで練習できます。
コントロールの練習もできますので、良いと思いますよ。
サーブならトスの練習も一人でできます。
座って下半身を固定して上げる練習が効果的ですね。

壁打ちであれば、出来るだけ続けられるテンポで行うと良いと思います。

壁がテニスを教えてくれます。

STEP31人の場合次に多いのはサーブ練習です。

しっかり動いて、止まって、振る!!

他に一人でやるテニスの方法として、筋力トレーニングやランニングを行います。地味ですがこういった努力がプレーに結びつきます。

また、ビデオや上手な人のプレーを見てイメージトレーニングをするのもいいのではないでしょうか。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ