マイホームを手放した喪失感・心の持っていきかたは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:788
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
せっかく手に入れたマイホームを手離さざるをえなくなる状況も時としておこります。

そんなときの喪失感は、はかりしれないものがあります。

STEP1どんな言葉も、慰めにはならないでしょう。

マイホームを手放すと、人の目がとても気になります。そういう気持がなかったらもっと樂になれるのに、人間誰しもプライドがありますから、無理です。

人間ですからこればかりはしかたありません。

そんなとき、人は現在より遠くへ住もうとします。そのほうが、人目を考えて暮らすより、精神的にいいでしょう。

でも、遠くへ引っ越そうが、心の中の喪失感は拭いきれません。

STEP2一発逆転をねらったり、急激な幸運を願ったりしがちです。

でも、現状に静かに甘んじて時を待ちましょう。

マイホームを手放したある奥様が語っていたことが、胸に染みています。
それは、家族で話し合い、家族の絆を強め乗り越えたという話です。

1、家族みんな健康でいられのだから、卑屈にならないでいること。
2、悪いことをしたわけではないのだから、堂々としていよう。
3、周りは自分達が気にしているほど、みていない。

以上のことを子供たちをまじえて話し合い、頑張って今があると仰っていました。

まとめ

最終的に救われるのは、家族の愛情ですし、みんなで頑張った分家族の絆が強まります。

家族の愛情って、ほんとうに宝で何物にも変えられません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ