こどもに逆上がりのコツを教えてあげよう!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ぽたる
逆上がりが苦手な子って多いですよね。大きくなったらできるようになる、と思いがちですが、実は体が小さなうちにコツを教えてあげた方が楽に回れるようになります。小学校入学前くらいに教えてあげてはいかがでしょうか。

STEP1逆上がりの手順を説明します。

1)鉄棒の前に立つ
この時ひじは軽く曲がる程度で立ちます。足を蹴り上げた後に手首の力が必要ですので、手は逆手ではなく順手で握らせます。

2)踏み込む
きき足とは逆の足を一歩大きく踏み込みます。この時ひじは曲げたまま、踏み込んだ足は鉄棒より先に出るように踏み込みます。

3)足を蹴り上げる
踏み込んだ足とは逆の足(きき足)を上へ蹴り上げます。蹴り上げるのと同時におなかを鉄棒に腕の力で引き寄せます。

4)残った足を鉄棒の上へ
腕の力を抜かずにそのまま残った足も上へ上げます。この時最初に蹴り上げた足よりも(鉄棒の)向こうへ移動させるつもりで回します。腰は鉄棒につけたまま。

5)上半身を起こす
体を丸めて上半身を起こします。この時手首の方向を変え、起こしやすくします。

STEP2

ポイントは足は片脚ずつ運ぶ、という点です。いっぺんに体をまわそうと、両足を蹴り上げようと必死になると重すぎて回りません。

STEP3

体が小さいうちに始めた方がコントロールしやすく、覚えやすいですが、力も弱くなかなかうまくできないのも事実。鉄棒に慣れ、筋力をつけるために逆上がりの前にぶらさがったり、前回りや片脚まわりをしたりしておくのもいいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集

ピックアップ

ページ先頭へ