本の帯の保存方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:887
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
本の帯びは、つけっぱなしにしていると無くしてしまうことがあります。きれいに保存する方法です。

STEP1①しおり代わりに

とりあえず取っておきたいという程度の場合、
はずして、栞代わりに本に挟むとよいです。

なくしませんし、いちいち栞を探さなくても、
すぐに栞代わりにできるので便利です。
ただし、帯に折り目が強くついてしまうので、
綺麗に保存したい方にはオススメできません。

STEP2②カバーを

本につける透明なビニールカバーを、
帯の上からかければ、
見た目もそのままで、非常に綺麗に保つことができます。

ビニールカバーも本屋等にいけば売られていますので、
簡単に手に入れることができます。

STEP3③帯をカバーの下に

文庫本などは、本にカバーがついていますね。
これをはずして、次に本に直接帯をつけます。
そして、その上からカバーをかぶせると、
何も使わなくても、帯をなくさないで取っておくことができます。

②のビニールカバーとあわせると、
ほぼ確実になくしませんし、汚れません。

まとめ

帯は出版社の工夫が凝らされていますので、取っておきたいですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ビニールカバー

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ