愛とは何か、かけがえのない絆を知る物語「弓」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:399
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
愛とは何か、かけがえのない絆を知る物語「弓」

海に浮かぶ船の上で暮らす老人と少女の
この上ない絆を描いた物語、
「弓」を見てみませんか?

STEP1

広い海の上にぽつんと浮かぶ1隻の漁船と、寄り添うように揺れるボート。そこは老人(チョン・ソンファン)と少女(ハン・ヨルム)の2人だけの世界でした。どこからともなく少女を連れてきてから10年、老人は少女のためだけに生き、彼女を大切に育ててきました。彼女が17歳になったら、2人は結婚式を挙げる約束です。

老人はボートで釣り客を運び、漁船を海釣りに開放していました。そして、客の間で評判が高い「弓占い」を行うのでした。ひとつ間違えば命を落としかねない占い方法でしたが、少女と老人は信頼の絆で結ばれていました。

STEP2

ある日、少女が釣り客の1人である大学生らしき青年(ソ・ジソク)に、ひと目惚れをします。初めて老人に反発する少女。何度も船に足を運ぶ青年。少女の家族が捜索願を出していることを調べた彼は、少女を家族の元へ返すようにと老人に訴えます。怒りを露わにする老人に、青年は少女の未来を占うよう迫るのでした。

心が乱れ、手元が狂いそうになりながらも矢を放つ老人。占いの結果を聞いた青年は、少女を外の世界へ連れて行くと宣言します。翌朝、少女を乗せてボートが船を離れていきましたが、老人はボートにロープを結び、その先を自分の首に巻きつけていました。

STEP3

老人が苦痛に耐えられなくなったその時、異変に気付いた少女が船へ舞い戻ります。老人のただならない想いを一身に感じ取った少女は、誰にも祝福されずとも運命をも超える強い絆があることを知るのでした。そして、老人と少女は婚礼の儀式を行います。

最後に老人は、少女をボートに寝かせると弓を奏で始めました。心地よい調べに眠気に襲われる少女と、少女の顔を愛おしそうに見つめる老人。突然、老人は大空に矢を放ち、矢は海の中へと消えていくのでした。

まとめ

監督は、キム・ギドク。
2005年制作の韓国映画です。

関連するタグ

必要なもの

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ