鬼の絵をみる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
鬼は、古来日本で絵に描かれてきました。鬼の絵を見てみましょう。

STEP1①お寺で

お寺に、鬼の絵が残されている場合があります。
一般公開されているとは限りませんが、
ネットで調べてみれば、意外に身近に鬼の絵が残されているかもしれません。

実際にみるには、美術館に行くのもよいですが、
お寺に残された鬼の絵巻は、ロマンをくすぐりますね。
閲覧できるところを探してみましょう。

STEP2②酒呑童子

酒呑童子は、日本を代表する鬼です。
酒呑童子は説話として現在に残されていますが、
絵巻も残されています。
『大江山絵巻』が有名ですね。

かなり強力な鬼とされ、
文学的な面からも楽しめるため、
絵巻をぜひ見てみてください。

STEP3③お祭り

お祭りに、鬼が出てくることもあります。
有名なのは、青森県のねぶた・ねぷた祭りでしょう。

ねぷた祭りは迫力のある絵、
ねぶた祭りは立体的な像で、しばしば鬼を造形します。

五所川原には立ちねぶたもあり、
かなりの高さでたいへんな迫力があります。
ぜひ一度みてみてください。

まとめ

日本の伝統的な鬼を、絵等で観てみてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ