住宅展示場をうまく使う方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:448
  • ありがとう数:0

はじめに

マイホームが欲しくなったら、最初に思いつくのは
あちこちにある住宅展示場。

素晴らしい家が、たくさん並んでいて夢も膨らむことでしょう。
いきなり、のぼせあがって契約してはいけません。

上手に使って、理想のマイホームを手に入れましょう。


・改修工事(リフォームからリノベーション)、新築工事まで対応可能な建築士・米村先生への非公開質問も可能です


 ●既にOKWAVEに登録している方はこちらから

 https://okwave.jp/profile/u2819794.html?&slp=201803


 ●OKWAVEに新規会員登録をしたのち、質問する方はこちらから

(メールアドレス、Twitter、Facebookのアカウントで登録できます)

 https://okwave.jp/register

STEP1■モデルハウスは最高品質です

住宅展示場のモデルハウスは、最高級のランクだと思ってください。
敷地も広い、使っている資材もいいものを使っています。
そのため、坪単価70万円とか平気な顔で言ってきます。

そして、実はこっそりあるオプションの数々。
食洗機、ガスコンロ、キッチンなんかは、モデルルーム仕様はオプションのことが多いです。

延床面積30坪(100㎡)だと家だけで2100万円です。
これに土地代がかかるので、お値段はどんどん跳ね上がります。

夢は見てもいいですが、現実もしっかり見ましょう

STEP2■設備や空間の使い方を勉強しましょう

できれば、写真を撮らせてもらいましょう。
気になることは、どんな小さなことでもいいのでメモを。
B6のノートがオススメです。小さいですしね。

窓の位置や空間の使い方、キッチンの設備、お風呂の設備。
たくさん見ることで、自分の目も肥えていき、さらに絶対に
自分がこだわりたいことが明確になってきます。

写真やメモはくり返し読み返しましょう。
たくさんくれるパンフレットは、気に入ったところだけ切り抜いて
スクラップした方が、役に立ちます。

STEP3■イベントも楽しもう

個人情報を提出すると(笑)、ジュース券をくれたりします。
客寄せのために、ガーデニング教室のイベントとか、
粗品プレゼントとかの案内ハガキが届きます。

たまには、こういうイベントに参加して楽しんでみても
いかがでしょうか。

まとめ

大手のハウスメーカーで家を建てることは悪いことではありません。
ハウスメーカーも、お金をかけて展示場を作っているのだから必死です。

イメージだけで家を建てて、30年以上のローンを組むなんてことはないよう
消費者としては、しっかり勉強しておきましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ