一流のDNA提供をビジネスにした男「セレブの種」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
一流のDNA提供をビジネスにした男「セレブの種」 超一流の経歴を持ちながら失業した男が、 子供をほしがる女性に自分の精子を売る物語 「セレブの種」を見てみませんか? シリアスなテーマが、重くなりすぎずに問題提起されています。 エッグドナーに興味のある人などにも、おすすめです。

STEP1

ジョン・ヘンリー=ジャック・アームストロング(アンソニー・マッキー)は、ハーバード大学でMBA(経済学士号)を取得し、バイオテクノロジー企業で働くエグゼクティブです。しかし上司に社内の不正を報告したのがきっかけで、彼は突然会社からクビを宣告されてしまいます。内部告発者のレッテルを貼られたジャックに再就職先は見つからず、一夜にして一文無しの境遇になってしまうのでした。

そんな折、キャリアウーマンで、今はレズビアンの元恋人のファティマ(ケリー・ワシントン)が彼の元に現れ、大金を支払う代わりに彼女と新恋人のアレックスに精子を提供してほしいと交渉を持ちかけてきました。

STEP2

ジャックは生活費を稼ぐため、このイージー・ビジネスの誘惑に負けてしまいます。しかし、優秀な「種」を売る彼の噂はあっと言う間に全米中に広がり、気付けば彼は子作りビジネスでデートごとに1万ドルも稼ぐほどの人気者になっていました。

子供が欲しく、なおかつ経済的に余裕のあるレズビアンたちは、こぞって彼の優秀な種付け
サービスを求めました。再びリッチな生活を手にしたジャック。しかし、昔の雇用者がジャックを子作りビジネスによる無責任な行動と証券詐欺の罪で陥れようとし始めました。

STEP3

一旦は上手くいっていたかのように見えたジャックの人生が、一変社会からの猛烈なバッシングを受け始めます。

しかし、ジャックの窮地とは裏腹に、彼の「子供たち」は次々と新たな生命を授かり、高らかに産声をあげ始めていました。突然降りかかった人生のいたずらに翻弄されつつも、新たなやりがいを見つけ優しさを身につけ始めていたジャック。

彼は裁判で有罪となるも、彼の種から生まれた子供たちや母親たちのために釈放され、愛するファティマとその恋人のアレックスと子供たちと共に仲良く暮らすことにするのでした。

まとめ

監督は、スパイク・リー。 2004年制作のアメリカ映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

セレブの種
ページ先頭へ